私を驚かせた日本のシングルモルト、
「秩父 8年」
事業編成で姿を消した。
しかし、又私の目の前の現れた。
f:id:BARin:20130806010205j:image:w360


本当にこれが日本のシングルモルトかと、
骨太かつ滑らか、
程よいスモーキーかつピーティー、


そして何より驚いたのが、
「塩」
塩の香り・・・アイラモルトのような、
かなり昔のボウモアのような、
塩味がするのだ。


しかし海が無い、
埼玉県羽生市、
不思議だ。
何故だ・・・


そしていきなり「秩父 8年」は姿を消した。
その後、私はある可能性に気付く、
これは全くもって、
私個人の意見です。
と、断りをいれておこう、


ある日、関西は泉州、岸和田に、
「いよかの郷」と言う
泊まれる温泉、
牛滝温泉なるものがある。


ここのお風呂に入った時、
謎が解けたような気がした。
お湯が塩辛い、
海水のように・・・


その名は「塩泉」「炭酸水素塩泉」
こ、これではないのか・・・


しかし、「秩父 8年」はもう無かった。
その「秩父 8年」が、
f:id:BARin:20130806010213j:image:w360

目の前に、
そこで、私の仮説が正しいのか、
数日前、パソコンに「埼玉県 羽生市 温泉」と、
検索すると、目に飛び込んで来たのは、



泉質「ナトリウム」「炭酸水素泉」
中には「塩化物 強塩泉」と言うのもある。
http://www.geocities.jp/gauss0jp/osaitama.htm
やはり思った通り、
羽生市いや、埼玉の一体は、
牛滝温泉と同じ、


「塩泉」なのだ。
と、言う事は、
水、仕込み水、
そして面白い物も見つけた。


「秩父鉱山」
こちらは秩父市なのだが、
現在も稼動中、石灰を採掘しているようだが、
この「秩父鉱山」にも「塩」と言う字をよく見かける。
これで埼玉県一体の地層に、
ナトリウムが多く含まれる事が解ったが、

そして肝心の仕込み水は、
それは、
埼玉県の北西部、
「神泉村」
2006年に合併し、
神川町の一部に、



この水は「神泉水」と呼ばれ、
村の人たちに守られて来た「御神水」

しかしこの「神泉村」のミネラルウォーターに、
「塩」なる文字が見当たらなかった。
しかし、こうなると探し続ける心が開花、


何の苦労も感じない、不思議な体質、
そして気になる物を見つけた。

「神泉村の天然水」
「神泉水」


え、そ、そんな事があったのか・・・
それは「秩父 8年」が消えた時と重なる・・・

     つづきはお店で・・・

そしてゴールデンホース「秩父 8年」があなたを待っている。
f:id:BARin:20130806010426j:image:w360



★13年目の感謝フェアー
8月10日(土)11日(日)
の二日間、13年の感謝を込めて、
かなり高価なウイスキーを、
数種類、13年と言う事で、
¥1,300−で御提供いたします。
お時間のある方は是非どうぞ!


↓お手数でなければ押して下さいね!
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村