存在として、心地よい人。

たとえばその人とエレベーターの中で2人になったら、どこか心地よく感じられる人。

話したことないけど、ああこの人はどこか心地よいな、悪い人じゃなさそうだな、

そんな雰囲気を醸し出せる人間でありたい。

 

そのうちの一つの条件は、

やはり自分の命を輝かせているかどうか、だと思う。

つまり、より活き活きと生きているか。


そこに直結するアクションが、これもまた当然ながら、

「日々、新しいことに挑戦し続ける」ということだと思う。

人間は挑戦することではじめて、

一定の不安を抱き、謙虚さを抱き、緊張を感じる。
これらの感情は、より生きる感じ にとっても近いところだ。

 

毎日のToDOリストに、「新しいことリスト」を追加してみる。

とっても小さいことからまず3個実施してみる。

そのこと自体の楽しい確率にはこだわらない。

結果としてつまらなくてもいい。何もしないよりは何万倍もいい。

 

新しいことを実行する、ということ自体を完全にクセにしていく。

今よりもっともっと、脳を、身体を、冴えわたらせることができるようになるはず。